Q14.【勤務時間や勤務形態の変更】
当社では新型コロナウィルス感染症対策として、勤務時間や勤務形態の柔軟化をどのように検討すべきですか?

A.新型コロナウィルス感染症への感染を防ぐため、①時差通勤、②テレワーク、③変形労働時間制、④フレックスタイム等より勤務時間や勤務形態の柔軟化を実施する企業が増えています。

お問い合わせ

新型コロナウイルスの影響により、お電話ではなく問い合わせフォームでのご相談を推奨させていただきます。
またスマホやパソコンなどを使ったオンラインビデオでのご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

年齢、性別、お住まいの地域、相談内容に関わらず、どんな些細なご相談でもお気軽にお問い合わせください。

氏名(カタカナ)
*必須
性別
*必須
電話番号
*必須
メールアドレス
*必須


(再度入力)
希望日程
*必須
第一希望


第二希望


第三希望

相談内容
このサイトを知ったきっかけ