教育・研究業(学習塾)

学校法人が倒産するケースは稀であり,現実に破産処理が必要な学校は,英会話に代表されるような教育を行う株式会社など私的企業です。

地場の学習塾を取り巻く環境としては,少子化の影響に加え,全国展開する大手学習塾の大規模化の影響もあり生徒数が伸び悩んでいるケースが多く見受けられます。また,講師の確保にも苦戦し労務費が嵩むなど収益を圧迫する場合があります。

英会話などの教育を行う株式会社で全国的に学校を展開している破産の場合,生徒が数千規模に及ぶこともあり,債権者数が多くなるとともに,講師が労働債権者として登場してきます。加えて,学校は多数の受講コースを持っており,受講コースによって授業料・割引率が異なるため,1回あたりの単価を算出することが複雑となります。

お問い合わせ

新型コロナウイルスの影響により、お電話ではなく問い合わせフォームでのご相談を推奨させていただきます。
またスマホやパソコンなどを使ったオンラインビデオでのご相談も可能ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。

年齢、性別、お住まいの地域、相談内容に関わらず、どんな些細なご相談でもお気軽にお問い合わせください。

氏名(カタカナ)
*必須
性別
*必須
電話番号
*必須
メールアドレス
*必須


(再度入力)
希望日程
*必須
第一希望


第二希望


第三希望

相談内容
このサイトを知ったきっかけ